協会旗 協会名

コンテンツ名

 このページでは各務原市バレーボール協会の歴史を紹介しています。ご意見等はこちらまでお願いします。

各務原市バレーボール協会の歴史
年  月 で き ご と
1963年
(昭和38年)
堀部氏(那加牛乳社長)初代会長となる
高橋氏(川崎重工)初代理事長となる
1975年
(昭和50年)
榎本氏(榎本工業会長)2代目会長となる
1977年7月
(昭和52年)
審判審査会始まる
山田氏、松久氏、平松氏、小原氏
1983年10月10日
(昭和58年)
各務原市総合体育館こけら落とし「カネボウ紅白試合」
主審:松橋氏、副審:佐藤氏
1989年4月
(平成元年)
協会組織運営始まる
高橋氏(川崎重工)3代目会長兼理事長となる
副理事長 植松氏、松久氏、山田氏、藤田氏
事務局長 今尾氏
1992年4月
(平成4年)
藤田氏(川崎重工)2代目理事長となる
1997年4月
(平成9年)
榎本氏(榎本工業部長)4代目会長となる
1998年
(平成10年)
協会発足35年式典実施と記念誌「礎」発行
2005年4月
(平成17年)
佐藤氏(県協会副会長・元各西高教諭)5代目会長となる
2007年4月
(平成19年)
早川氏(川崎重工)3代目理事長となる
2013年
(平成25年)
協会発足50年式典実施と記念誌「温故知新」発行
2021年4月
(令和3年)
藤田氏(川崎重工)6代目会長となる
協会35周年記念誌”礎”、
協会50周年記念誌”温故知新”などより
ページトップへ

Copyright (C) Kakamigahara VolleyBall Association. All rights reserved.